表紙 | 新規 | 凍結 | 編集 | 差分 | 一覧 | RSS | 検索 | 閲覧履歴 | 作成履歴 | 更新履歴

ARIEL - 著者: 笹本祐一

著者: 笹本祐一
イラストレータ: 鈴木雅久

紹介

ある日忽然と地球軌道上に現れた全長10kmを超える巨大戦艦。巨大戦艦はゲドー社を名乗り、地球に向かって宣戦を布告、巨大ロボットを送り込んできた。
それに対して、日本の誇る国立科学研究所・SCEBAI所長の天才科学者・岸田博士は全領域要撃/支援レディ(All Round Intercept and Escort Lady)ARIEL(エリアル)を投入する! 全長40メートルの人型兵器・ARIELのパイロットとして選ば(拉致さ)れたのは、岸田博士の孫娘二人と、姪っ娘の三人娘。右も左も分からぬうちに実戦投入され、諸般の事情から戦果を挙げるうちに、世界はややこしい方向へ転がっていく。

1986年に獅子王誌に連載が始まって、2004年に最終巻が出るまで実に足掛け18年かかった大作。当初は地球人対侵略宇宙人という構図だったが、侵略側の諸々の事情やSCEBAIに自衛隊が攻め込んだりの両者の内紛劇に加え、第2、第3の宇宙人勢力の登場、無敵超人の活躍、タイムトラベラーの登場、女子高生の修学旅行など、信じられないほど多彩なエピソードに彩られ、それでいて“侵略される地球”というメインストーリーを踏み外さずに巻を重ね、全20巻52話で予定通り終了した。型通りのロボットものにはない破天荒さは、他に比肩するものがないだろう。
なお、都合2回4話にわたって映像化がなされており、また「エリアルコミック」と呼ばれるコミック誌も存在した。
「ARIEL読本」には、単行本に未收録となった作品3篇と、書き下ろしが收録されているため、ARIELファンとしては見逃せない。

2007年末に刊行が始まった新書版は、各巻文庫2巻を合本した上に、書き下ろし短篇がつく。

コメント

あなたの名前:

既刊

ソノラマ文庫

レーベル: ソノラマ文庫

本編

外伝

ソノラマノベルス

レーベル: ソノラマノベルス

  1. ARIEL01; ISBN978-4-02-273821-9 <2007/12/30>
  2. ARIEL02; ISBN978-4-02-273826-4 <2008/02/28>
  3. ARIEL03; ISBN978-4-02-273827-1 <2008/04/30>
  4. ARIEL04; ISBN978-4-02-273832-5 <2008/06/30>
  5. ARIEL05; ISBN978-4-02-273837-0 <2008/12/31>

カセット文庫

ムック

アニメ

関連項目

先頭へ


QR Code