表紙 | 新規 | 凍結 | 編集 | 差分 | 一覧 | RSS | 検索 | 閲覧履歴 | 作成履歴 | 更新履歴

EDGE - 著者: とみなが貴和

著者: とみなが貴和
イラストレーター: 沖本秀子(1~3巻)、緋乃鹿六(4巻~)
レーベル: 講談社X文庫

紹介

プロファイリング、それは犯行現場に残された遺留品や犯行手口そのものなどから 犯人像を特定していく捜査方法である。 世紀末の東京を舞台に活躍する若き美貌の天才心理捜査官・大滝錬摩の事件簿。

事件そのものの謎や、錬摩と彼女の相棒の関係も読み応えがあるが、 このシリーズの白眉はなんといっても犯人側の心理描写。 平凡な日常にぽっかり空いた隙間に生まれる毒を、見事に描き出している。

相棒関連で、超常現象が絡んでくるのがライトノベルならではか。 これさえなければ、一般書として並んでも遜色ない、惜しい、という声がある一方、 そこが好きだと言う声も多く、議論はつきない。

1~3巻までは沖本秀子氏がイラストを担当し、4巻からは緋乃鹿六氏に変更。 現在、講談社Webサイト MiChao!(無料WEBコミック)にて緋乃鹿六氏が漫画化している。

コメント

あなたの名前:

既刊

関連項目

先頭へ


QR Code