表紙 | 新規 | 凍結 | 編集 | 差分 | 一覧 | RSS | 検索 | 閲覧履歴 | 作成履歴 | 更新履歴

赤朽葉家の伝説 - 著者: 桜庭一樹

著者: 桜庭一樹
レーベル: 東京創元社

紹介

昭和の香り漂う山陰鳥取の町に君臨する赤朽葉家。その家の女三代(万葉、毛鞠、瞳子)の伝記を軸に展開される、奇妙で不思議な年代記。そして時は平成へと流れ、“千里眼の奥様”万葉の最期の言葉を巡り、孫の瞳子が謎解きに挑む。

ライトノベルではなく、一応推理小説の範疇に入るのかもしれませんが、むしろ純文学に近い。“辺境の人”に捨てられ、未来を見通せる千里眼を持つと言われた万葉の奇妙な人生。その娘で山陰に轟くレディースの頭から何故か少女漫画家になってしまった毛鞠、そして何者でもない平凡な瞳子の女三代記。

第60回 日本推理小説作家協会賞受賞作

コメント

あなたの名前:

  • 2007-07-07 (Sat) 23:10:09 きさら : 第137回直木賞にノミネートされました。
  • 2007-02-04 (Sun) 21:13:38 きさら : こちらで冒頭部分を立ち読みできますね。

既刊

  • 赤朽葉家の伝説; ISBN4-488-02393-2 <2006/12/28>
  • 赤朽葉家の伝説 (創元推理文庫),ISBN978-488-47202-3 <2010/09/24>

関連項目

先頭へ


QR Code