表紙 | 新規 | 凍結 | 編集 | 差分 | 一覧 | RSS | 検索 | 閲覧履歴 | 作成履歴 | 更新履歴

砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない - 著者: 桜庭一樹

著者: 桜庭一樹

紹介

10月4日。蜷山でバラバラ殺人の死体が発見された。被害者は、海野藻屑(13)。
一ヶ月前に転校してきた、転校生だった。
どこか非現実的で、自分を人魚だと言い張り、いつもミネラルウォーターのペットボトルを持っていた藻屑。誰とも仲良くなれずに、それでいて山田なぎさとだけは打ち解けていた藻屑。父親が芸能人で、色々な噂をされていた、藻屑。
理不尽な圧力に対抗するため実弾を求めるなぎさと、現実を拒否して空想の中に逃げ込んだ藻屑の、痛々しいまでのひと月を描いた青春ホラー。

ハードカバー版も発売されている。

コメント

あなたの名前:

  • 2007-12-23 (Sun) 13:40:38 yaki : コミカライズは2冊同時に3月9日発売予定だそうです

既刊

文庫版

イラストレータ: むー
レーベル: 富士見ミステリー文庫

レーベル:角川文庫

ハードカバー版

レーベル: 富士見書房

漫画版

レーベル: 富士見書房

関連項目

先頭へ


QR Code