表紙 | 新規 | 凍結 | 編集 | 差分 | 一覧 | RSS | 検索 | 閲覧履歴 | 作成履歴 | 更新履歴

少女七竈と七人の可愛そうな大人 - 著者: 桜庭一樹

著者: 桜庭一樹
カバーイラストレーター: さやか
ブックデザイン: 鈴木成一デザイン室
レーベル: 角川書店

紹介

少女七竈17歳はたいへん遺憾ながら、美しく生まれてしまった。いんらんな母から、父親を知らずに。長じて美しく育った七竈だったが、愛しているのは鉄道だけ。家の座敷に巨大な鉄道模型を走らせ、親友の雪風とだけ、心を通わす。
鉄道だけをこよなく愛する七竈を、大人達は恐れ、怒り、許しを請い、涙し、驚き、呪う。
抗う七竈を尻目に否応なく迫る変化の波。少女は子供のままではいられない。

少女を題材とした桜庭一樹の恋愛(?)小説。北海道の旭川という地方都市に、異物として生まれてしまった七竈。愛しているのは鉄道模型。寄り添っていたい相手とは、決して結ばれない運命。母親は放浪癖が止まらず、彼女の巻いた種は回り回って七竈のところへ。
少女七竈や雪風の奇天烈ぶりが際立ちますが、少女が娘になって女になってオバサンになっていく連続性の描写が秀逸です。

コメント

あなたの名前:

  • 2009-02-23 (Mon) 11:24:00 きさら : 3月に文庫版が出ます。
  • 2006-07-20 (Thu) 00:24:46 きさら : Yahoo!ブックスでインタビューが載っています。
  • 2006-07-17 (Mon) 22:26:45 きさら : "桜庭一樹さんの「Amazon.co.jp独占音声コメント」"が出ていますね。って、居酒屋収録かいッ。
  • 2006-07-09 (Sun) 00:28:05 きさら : 読み終わった後に赤×ピンクみたいだなと思いましたね。全然違う筋ですし何一つ似ていないんですが、根底に流れているものが似ている気がします。

既刊

角川文庫版

関連項目

先頭へ


QR Code