表紙 | 新規 | 凍結 | 編集 | 差分 | 一覧 | RSS | 検索 | 閲覧履歴 | 作成履歴 | 更新履歴

ブルースカイ - 著者: 桜庭一樹

著者: 桜庭一樹
レーベル: ハヤカワ文庫

紹介

1627年、ドイツ・ケルン選帝侯領レンスの街で祖母と二人で暮らす余所者のマリーは、魔女裁判の吹き荒れるなか、“東方からの旅人”と出会う。奇妙な身なりをした17歳の少女と10歳のマリーは、魔女の手引きでレンスを脱出する。しかし二人を追う黒い影――。
1627年のドイツと2022年のシンガポール、2007年の鹿児島を結ぶ、少女という生き物の物語。

SF的なんだけどSFというよりは21世紀のある瞬間にのみ存在した「少女という生き物」を題材とした、桜庭一樹らしい作品。ただ、全体構成を見た時に、第1部で作品の半分、第2部が残る2/3と、バランスに欠けた所があるのが難か。

コメント

あなたの名前:

既刊

関連項目

先頭へ


QR Code