表紙 | 新規 | 凍結 | 編集 | 差分 | 一覧 | RSS | 検索 | 閲覧履歴 | 作成履歴 | 更新履歴

ソードギャラクシー - 著者: 荻野目悠樹

著者: 荻野目悠樹

紹介

宇宙に進出した人類は、地球連合として、羅課帝国と戦争を続けていた。地球の名家の少年クリスティアン・クリスフォード・サイトーは留学のための宇宙旅行の最中に、羅課帝国の艦隊に襲われ、捕虜となってしまう。連れていかれた先でクリスが引き合わされたのは、3,000年間冷凍されていた古代地球のサムライだった!
3,000年の眠りから覚めたサムライが戦乱の宇宙を引っ掻き回す!

戦国時代のサムライというか傭兵っぽい感じのスケザが、もう何も考えずにというか彼にしか分からない独特の価値観で単分子ソードを振り回して血の雨を降らせて世は並べてこともなし、というコメディースペースオペラ。主人公(?)のクリスくん、いいとこなしです。
良くも悪くもスケザが強力すぎて、他のキャラが霞んでしまってるような……。

コメント

あなたの名前:

  • 2006-07-22 (Sat) 03:36:48 いつき : 挿絵がどうも侍のイメージとずれてるのが・・・ただ戦国武士道は一見の価値あり

既刊

富士見ファンタジア文庫

イラストレータ: バハムーチョ

幻狼ファンタジアノベルス

イラストレータ: 若月さな

関連項目

先頭へ


QR Code