表紙 | 新規 | 凍結 | 編集 | 差分 | 一覧 | RSS | 検索 | 閲覧履歴 | 作成履歴 | 更新履歴

ギロチンマシン中村奈々子 - 著者: 日日日

著者: 日日日
イラストレータ: 大出長介
レーベル: 徳間デュアル文庫

紹介

人間とロボットが戦争をしている社会。兵士として前線に送られるはずだった“僕”は目覚めるとロボットだらけの「学園」に拾われていた。「学園」ではロボット達が人間を理解すべく、わけの分からない教育を行っていた。そこで“僕”が出会ったのは、右手が刃物、左手が奇妙な機械になっている、学園の死刑執行人・ギロチンマシン中村奈々子だった……。

かなり投げ遣りな設定と投げ遣りな展開の作品。正直言って、大丈夫か、と。3人の「中村奈々子」を巡る謎や、更に“僕”にまつわる謎、ロボット達の親玉〈チェシャ・キャット〉が何を考えているのか等など、殆どの謎が投げっぱなし。一応続編があるようなのだが、一本で読める作品になりきっていない、というのはDual文庫の性質を考えるとかなり危うい橋だと思われる。
このペースで作品を出し続けたら、遠からず潰れるんじゃないかと心配になった一作。

コメント

あなたの名前:

既刊

関連項目

先頭へ


QR Code