表紙 | 新規 | 凍結 | 編集 | 差分 | 一覧 | RSS | 検索 | 閲覧履歴 | 作成履歴 | 更新履歴

ねじまき博士と迷い猫 - 著者: 樹川さとみ

著者: 樹川さとみ
イラストレータ: うたの
レーベル: コバルト文庫

紹介

動物学者のジョージ・マシュー博士が死に際して、引き取っていた孤児のリーを托したのは、旧知の友・アレクサンダー・アルバート博士……だったのだが、本人は行方不明、連絡を受けたのは孫のアレクサンダー・アンドリュー・アルバート博士(16歳)だった。
動物に育てられたというリーと、人間嫌いでぶっきらぼうなアレックスとの、奇妙な奇妙な同居生活は、こうして幕を開けたのでした。

読み始めてすぐに「マイ・フェア・レディ」モノだと思ったのですが、ただ博士による少女の調教にならないのが樹川さとみ流。観察していたはずのアレックスが実はリーに観察されていて、むしろいいようにあしらわれているうちにペースを崩してしまう有り様。
心から信じられる人を喪った少女と、誰ももう信じられない少年が、不器用に触れ合って理解を深めていくのですが、残念、最後まで色恋までは発展しませんでした。

全三巻、完結。

コメント

あなたの名前:

既刊

  1. ねじまき博士と迷い猫; ISBN4-08-600772-X <2006/06/10>
  2. ねじまき博士と謎のゴースト; ISBN4-08-600828-9 <2006/09/30>
  3. ねじまき博士とガラスの時計; ISBN978-4-08-600877-8 <2007/02/01>

関連項目

先頭へ


QR Code