表紙 | 新規 | 凍結 | 編集 | 差分 | 一覧 | RSS | 検索 | 閲覧履歴 | 作成履歴 | 更新履歴

魂葬屋奇談 - 著者: 九条菜月

著者: 九条菜月
イラストレータ: 如月水
レーベル: C★NOVELS Fantasia

紹介

王青高校に通う相原深波は、クラスメイトで仲の良かった須藤楓が死んだと聞かされた翌日、校内で制服の違う少年を見掛ける。他の誰にも見えないその少年はユキと名乗り、自らを魂葬屋だと言った。死んだ須藤楓の魂は、まだ地上に彷徨っている。それを探し出すのが、自分の仕事だと。
成り行き上ユキを手伝うことになった深波。須藤楓他殺説が浮上するなか、第二の死者が発生する。迫るタイムリミットの前に、果たして二人は無事魂の欠片を集めることができるのか。

学園伝奇物、ちょっとミステリー風味。前作に比べると舞台が現代だけに取っかかりやすいかも。ただし、設定の物語への寄与度の低さは些か問題で、特に時間制限はともかく死神の辺りは、今回には殆ど関係しないだけに、第二話以降のためとはいえ、些か乱暴な印象を受けた。
良作にあと一歩及ばない佳作といった風情。

コメント

あなたの名前:

  • 2013-11-28 (Thu) 21:17:25 るぱ : とても読みやすく、最終巻まであっという間でした。死を扱っているのに、どこかほのぼのとしていて、もう少し浸っていたかったです。
  • 2009-02-18 (Wed) 16:33:06 タカナシ : 連夜さんとユキの生前の関係が個人的にサイコーだった。
  • 2007-10-07 (Sun) 18:27:03 林 かなえ : 魂葬屋奇談読みました。
  • 2006-12-23 (Sat) 17:34:08 大泉美仁 : 最後の終わりが感動しました。ただユキのなぞが分からないで終わってしまったのが残念でした。

既刊

  1. 空の欠片 ―魂葬屋奇談; ISBN4-12-500959-7 <2006/11/25>
  2. 淡月の夢 ―魂葬屋奇談; ISBN978-4-12-500976-6 <2007/03/25>
  3. 黄昏の異邦人 ―魂葬屋奇談; ISBN978-4-12-500989-6 <2007/06/25>
  4. 追憶の詩 ―魂葬屋奇談; ISBN978-4-12-501025-0 <2008/03/25>
  5. 蒼天の翼 ―魂葬屋奇談; ISBN978-4-12-501050-2 <2008/09/30>

関連項目

先頭へ


QR Code