表紙 | 新規 | 凍結 | 編集 | 差分 | 一覧 | RSS | 検索 | 閲覧履歴 | 作成履歴 | 更新履歴

約束の柱、落日の女王 - 著者: いわなぎ一葉

著者: いわなぎ一葉
イラストレータ: AKIRA
レーベル: 富士見ファンタジア文庫

紹介

功名心に逸るカルロ・カルネロスは、皇帝に近付かんと宮殿内の神殿に出没する悪霊を退治を目論むが、気がつくと二千年の時を遡り、滅亡した王国、シュラトスに居た。
シュラトスの女王・クリムエラに近付き、登用されることに成功したカルロは、その知識と才能を活かし、滅びの迫る王国を次々と変革していく。鮮やかな手腕を見せる男の評価は上がり、クリムエラとの距離も段々に縮まっていく。しかし距離が縮まるほどに募る不安。いずれカルロは元の時代に戻っていくのではないか―
「史実」であるシュラトス滅亡を防ぐため、二人で共に生きるため、運命との戦いに身を投じる二人。その結末は―
第16回ファンタジア長編小説大賞準入選作。

第一作ということもあってか、伏線の張り方に難があり、また物語全体が「詰め込み過ぎ」の様相を呈していて、決して作品としての完成度は高くない。特にタイムトラベル・ラブストーリは構成が命だけに、伏線の薄さは気になる。ただし、そういった難点に目を瞑らせるほどの押しの強さがあり、今後に期待させられる。

処女作の続編となる第2作「真実の扉、黎明の女王」は、「約束の柱、落日の女王」のエンディング後、最後のハッピーエンドまでを描く。「約束の柱、落日の女王」の終わり方はあれはあれで良いと思ったが、「真実の扉、黎明の女王」まで続けて読むと、一層良い。そういう意味では、巧い繋げ方をしている。
ただ、多少文章表現に不備が見られるので、その点は今後の要改善点となるだろう。

コメント

あなたの名前:

  • 2005-05-19 (Thu) 21:19:18 S.B. : 第3巻は……うーん、微妙。表現力が作品構想に追いついていない所が激しくて、読みづらさが先に立ちます。
  • 2005-03-23 (Wed) 01:33:33 nya : 処女作の面白さが、続編で余り生かされて無いのが惜しいです。

既刊

  1. 約束の柱、落日の女王; ISBN4-8291-1643-9 <2004/09/25>
  2. 真実の扉、黎明の女王; ISBN4-8291-1678-1 <2005/02/25>
  3. 平和の鐘、永遠の女王; ISBN4-8291-1714-1 <2005/05/25>

関連項目

先頭へ


QR Code