表紙 | 新規 | 凍結 | 編集 | 差分 | 一覧 | RSS | 検索 | 閲覧履歴 | 作成履歴 | 更新履歴

氷菓 - 著者: 米澤穂信

著者: 米澤穂信
イラストレータ: 上杉久代
レーベル: 角川スニーカー文庫

紹介

“省エネ”がモットーの折木奉太郎は、OGの姉に高校の古典部に入部を命令される。今年新入生が入らなければ廃部という古典部に行ってみれば、なぜか先人が。それが千反田えるとの出会いだった。驚異的な記憶力を誇るお嬢様は謎に敏感で、すぐに「わたし、気になります」と言っては奉太郎に迫る。悪友の福部里志や伊原摩耶花がそれを後押しして、いつも奉太郎はぷちぷち言いながらも謎を解いていく。
そんな古典部生活を満喫していた奉太郎だったが、えるの強引なおねがいと相まって古典部の過去に迫るうちに、高校の過去を巡る事件の謎に迫ることになる――。

米澤穂信のデビュー作にして、〈古典部〉シリーズ第1作、ほぼ現在まで続くスタイルを確立した一作。頭は切れるがやる気の無い主人公を、女の子が引きずり回していくわけですが、追っているのは殺人事件でもなんでもなくて、どちらかといえば他の人にはどうでもいい話。
しかし最後に解き明かされた謎は、ほろ苦い味がして、という辺りが秀逸。

現在角川スニーカー版は絶版。その代わり、新装版が角川文庫から刊行されている。

コメント

あなたの名前:

既刊

  • 氷菓; ISBN4-04-427101-1 <2001/11/01>

関連項目

先頭へ


QR Code