表紙 | 新規 | 凍結 | 編集 | 差分 | 一覧 | RSS | 検索 | 閲覧履歴 | 作成履歴 | 更新履歴

春待ちの姫君たち - 著者: 友桐夏

著者: 友桐夏
イラストレータ: 水上カオリ
レーベル: コバルト文庫

紹介

女子校の中等部に通う赤音は、中学2年の時、クラスの中心人物・舞によって親友・春来との仲を裂かれてしまう。イジメを受けて孤立する赤音を、いつも側に居て支える存在があった。彩。
彩の存在を知った舞は、赤音と彩を引き離そうと画策する。それは一時は成功したように見えたが……。高校を外部進学した赤音は、それを追った春来の前で別人のように変わってしまっていた……。

最初は女子校友情ものというか党争ものかと思ったのですが、話が進んでいくと……という、前作同様のスリラー仕立て。むしろサイコか。
女の子同士の友情って、男性には分かりにくいんですが、こんなもんなんですかね?

コメント

あなたの名前:

既刊

関連項目

先頭へ


QR Code