表紙 | 新規 | 凍結 | 編集 | 差分 | 一覧 | RSS | 検索 | 閲覧履歴 | 作成履歴 | 更新履歴

愚者のエンドロール - 著者: 米澤穂信

著者: 米澤穂信
イラストレータ: 高野音彦
レーベル: 角川スニーカー文庫

紹介

神山高校〈古典部〉の折木奉太郎は、学園祭を間近に控えたある日、2年F組の自主制作映画の試写会に誘われる。誘ったのは当然千反田える。殺人事件を題材としたそのミステリ映画は、しかしクラスメート同士の殺人事件が起こったところで終わっていた。
シナリオ担当が倒れたための事態。制作を束ねる入須先輩は未完の脚本を完成させるため、折木奉太郎らに「推理」を依頼する。一体この事件は誰が犯人で、どのようなトリックが使われたのか……。

氷菓」に続く〈古典部〉シリーズ第2作。基本的には前作と同じようにえるが引っ張って奉太郎が引きずられていくわけですが、今度は入須という仕掛け人が事態を引っ掻き回します。奉太郎は「存在しない正解」へ向かって推理を張り巡らせ、そして術中に填っていきます。
最後がほろ苦というよりは、むしろ後味が悪い苦みが強い感じがしました。あまり気分の良い終わり方じゃなかったのが残念です。

コメント

あなたの名前:

  • 2006-09-02 (Sat) 22:04:14 きさら : なるほど。どうりで私が持っているものと表紙が違うはずですね。
  • 2006-09-01 (Fri) 06:05:38 S.B. : 「クドリャフカの順番」のあと再版が掛かった時に、カバーが変更されたようです。
  • 2006-09-01 (Fri) 00:13:27 きさら : 変わったのは、装丁じゃなくて、表紙ですね。いつの間に変わったんだろう。
  • 2006-08-31 (Thu) 23:56:40 きさら : おや?ISBNは変わってないのに、装丁が変わってますね。

既刊

関連項目

先頭へ


QR Code