表紙 | 新規 | 凍結 | 編集 | 差分 | 一覧 | RSS | 検索 | 閲覧履歴 | 作成履歴 | 更新履歴

天地明察 - 著者: 冲方丁

著者: 冲方丁
イラストレータ:
レーベル:

紹介

江戸時代、代々囲碁を生業としている家に生まれ「囲碁侍」と呼ばれた渋川春海は、庶民の娯楽であった算術にのめりこむ日々を過ごしていた。しかし、周囲はそれを許さず、囲碁に専念することを要求するが……彼は後に「日本独自の太陰暦」を作るという一大計画に携わっていく。
超前のめりなポジティブ思考の算術オタク・春海を初めとして、算術の天才・関、超武闘派(?)な水戸光圀などキャラクター性も抜群。改暦に対する熱意・未来に対する希望をそれぞれが春海に託していく様が熱いです。
吉川英治文学新人賞、本屋大賞受賞。

コメント

あなたの名前:

既刊

関連項目

先頭へ


QR Code