表紙 | 新規 | 凍結 | 編集 | 差分 | 一覧 | RSS | 検索 | 閲覧履歴 | 作成履歴 | 更新履歴

土くれのティターニア - 著者: 増子二郎

著者: 増子二郎
イラストレータ: 溝口ケージ
レーベル: 電撃文庫

紹介

入学した高校で、〈花の女神〉なんて呼ばれている御崎明日香に声を掛けられた大賀良文は、彼女と自分が幼馴染だったことを思い出す。だがそれは同時に、尋常ならざる非日常への入口でもあった。良文は明日香に連れられて、様々な怪異に立ち向かうことに……。

短編を得意とする増子二郎による学園伝奇物は、短編連作という形態を取って、各話毎に完結した掌編を展開しているのですが、正直、あまり上手くいっていないような。毎回繰り返される背景説明が存外に冗長で、また一つ一つの事件がどうしても小ぶりなので、巻を通じた時のメリハリに欠ける嫌いもある。
明日香の性格が非常に面白いだけに、残念な出来になっている作品。

2巻で遅々として進まなかった二人の関係がようやく多少前進した感じ。もうちょっとストーリーが動くと良いのですが。

コメント

あなたの名前:

既刊

関連項目

先頭へ


QR Code