表紙 | 新規 | 凍結 | 編集 | 差分 | 一覧 | RSS | 検索 | 閲覧履歴 | 作成履歴 | 更新履歴

勿忘草の咲く頃に - 著者: 沖原朋美

著者: 沖原朋美
イラストレータ: 紺野キタ
レーベル: コバルト文庫

紹介

両親の離婚によって母親の故郷へ引っ越してきた倉敷七瀬は、田舎独特の閉鎖性に微妙な疎外感を抱きながら毎日を送っていた。ある日、ふらりと郷土資料館に立ち寄った七瀬は、キリシタン鎮魂図の前に佇む少年・都倉育世と出会う。元藩主の家系に生まれて何故か遠巻きにされている育世と七瀬は、花壇の勿忘草を通じて近付いていく。
“都倉家の呪い”に苦しむ彼と心を交わして、そして近づく別れ。
切ない初恋は、実らない―

コメント

あなたの名前:

  • 2007-04-08 (Sun) 21:11:01 瀬尾 : 今日、読み終わったとこです。

既刊

関連項目

先頭へ


QR Code