表紙 | 新規 | 凍結 | 編集 | 差分 | 一覧 | RSS | 検索 | 閲覧履歴 | 作成履歴 | 更新履歴

世界最大のこびと - 著者: 羽田奈緒子

著者: 羽田奈緒子
イラストレータ: 戸部淑
レーベル: MF文庫J

紹介

平凡な高校生・弓島一弥は、妹の部屋から聞こえる不審な会話に気付いて部屋に飛び込むと、そこには病弱な妹・小百合と小人の少女・パウエルがすっかり仲良くなっていた。
日本の山深い森の奥には昔から、久那斗(くなと)の民と呼ばれる小人たちが、人間と交わらずにひっそりと暮らしていた。久那斗の里から訳あって出奔することとなったパウエルは、人里に降りてはきたが目的地が分からず、小百合に拾われたということだった。
実はパウエルの体には〈呪いの子〉という秘密があって、そのことに関して、「巨人の国」にいるサトリという女性を訪ねる途中だったという。しかしサトリは見つからず、それどころか里から追っ手がやってくる。
右往左往する状況でものんびりしたままのパウエルに、ちょっと頭の悪い小百合、不動のおかあさんなどなど、あんまり緊迫しないなか、パウエルの秘密が明かされる。

ほのぼの系ファンタジーで、登場人物たちが一生懸命どたばたするんだけど、結局めでたし、めでたしになるようなお話。惜しむらくは新人の作者の筆力がいささか不足気味なところで、もう少しキャラクターの動機づけなどに厚みが持たせられればと思ってしまう。また逆に、第2巻なども変に事件を起こさないで、日常コメディー仕立てにしてもこの設定なら充分に物語が紡げた筈だ。
続刊に期待したい。

コメント

あなたの名前:

既刊

関連項目

先頭へ


QR Code