表紙 | 新規 | 凍結 | 編集 | 差分 | 一覧 | RSS | 検索 | 閲覧履歴 | 作成履歴 | 更新履歴

ミミズクと夜の王 - 著者: 紅玉いづき

著者: 紅玉いづき
イラストレータ: 磯野宏夫
レーベル: 電撃文庫

紹介

東の果て、夜の森。魔物の王が統べるその森にやってきた少女ミミズクは、恐れを知らず、夜の王に近付いて来る。額に332の数字を戴く少女は、かつて奴隷だった。不幸を知らない少女は魔物に食われることを望んだが、夜の森での生活の中で、徐々に温かいものに染まっていく。
一方でレッドアーク国では、魔物の森に囚われた少女を救出せんとする動きが……。

恋愛ファンタジー一本勝負、ストライクゾーンど真ん中160km/h、って感じの作品。最初の取っ付き難さ、世界観の把握し難さはあるが、寧ろそれらの説明がないことが味。良い意味でファンタジーであり、魔物と少女の出会いと変化と別れと再会が盛り込まれた良作です。

コメント

あなたの名前:

既刊

関連項目

先頭へ


QR Code