表紙 | 新規 | 凍結 | 編集 | 差分 | 一覧 | RSS | 検索 | 閲覧履歴 | 作成履歴 | 更新履歴

トウヤのホムラ - 著者: 小泉八束

著者: 小泉八束
イラストレータ: 海苔
レーベル: 富士見ファンタジア文庫

紹介

水神を氏神とする船津一族に生まれながら、火の神として生まれた船津東哉は、一族の手で山奥に封印されていた。しかしある日、船津一族の次期当主とも目されている従妹・船津麻里と莉柘が訪ねて来て、今船津を襲っている怪異の退治に力を貸せば、結界を一部解き条件を緩めよう、と取引を持ち掛ける。麻里の真意を推し量りつつ、要請を受諾する東哉。
しかし船木の神域の搖るがす怪異は、東哉の神の力でも容易には及ばないほどの力を持っていた。一族への憎しみを糧に鬪う東哉の前にあらわれるのは、長い因縁を紡ぐ敵だった――。

第16回ファンタジア長編大賞で準入選の筈なのですが、なんというか、目新しい物がない。あえて言えば主人公が「神」であることくらいですが、今のところ神らしい感じはないので、捻くれ具合だけが際立っています。敢えて悪く言えば、「風の聖痕」との類似点を挙げた方が良いくらい。
決して悪い作品ではないと思うのですが、凡作以上にはなっていないところが残念です。

コメント

あなたの名前:

既刊

関連項目

先頭へ


QR Code