表紙 | 新規 | 凍結 | 編集 | 差分 | 一覧 | RSS | 検索 | 閲覧履歴 | 作成履歴 | 更新履歴

カラブルワールド - 著者: 香月紗江子

著者: 香月紗江子
イラストレータ: 岸田メル
レーベル: ガガガ文庫

紹介

魔法使いや、“因子持ち”と呼ばれる獣人が社会に存在する1932年の英国。超古代文明の研究者セタ・コールランド(見かけは幼児だが実年齢は70歳とか)は、助手のミッケラ・グリーンと小間使いのライティス・レアールと共に、密林の女王・ガリエリテの伝説を追って、中南米は英領ギアナへと。そこで協力者コフィ・アドバラムとその娘アーバティと合流し、いざ密林へ。しかしジャングルには英軍が展開し、きな臭い雰囲気が紛々としていたのだった。

話がバタバタとして起承転結の筋道が捻転している上、描写力不足でそのシーンに誰がいるのか把握しにくい場面があったり、キャラクターの行動原理が把握できなかったり、伏線らしい伏線がないので展開が常に唐突だったりと、主な見所はキャラクターたちの魅力、といった作品。
期待賞ということなので、次作以降の改善を期待したい。

コメント

あなたの名前:

  • 2009-01-20 (Tue) 19:00:15 : 3巻楽しみに待ってる♪

既刊

  1. カラブルワールド 緑の闇; ISBN978-4-09-451029-4 <2007/09/24>
  2. カラブルワールド 赭の珠; ISBN978-4-09-451058-4 <2008/03/24>

関連項目

先頭へ


QR Code