表紙 | 新規 | 凍結 | 編集 | 差分 | 一覧 | RSS | 検索 | 閲覧履歴 | 作成履歴 | 更新履歴

ようこそ無目的室へ! - 著者: 在原竹広

著者: 在原竹広
イラストレータ: 玄ペンギン
レーベル: HJ文庫

紹介

霜府高校の部室棟の一番奧にある「無目的室」。そこは非公認の「無目的部」が集まるたまり場だ。今日も3年生の星垣一郎、桐谷千尋、2年生の樫圭助、宮田ほづみが目的もなく集まっていた。
特に何をするでもなく、まったり流れる時間の中で、時に話が“不思議な話”になることがあって、ちょっとおかしな日常の不思議を、めいめい頭を絞って考えるのでありました。

日常系ミステリーで、近い作品を探せば「古典部シリーズ」になるでしょうか。
特に目的も持たずに集まっている彼らが、外界と隔絶した“無目的室”の中で安楽椅子探偵を気取るわけですが、一方で最後の最後に開陳される伏線が一つ。
続刊が気になる作品です。

コメント

あなたの名前:

既刊

関連項目

先頭へ


QR Code