表紙 | 新規 | 凍結 | 編集 | 差分 | 一覧 | RSS | 検索 | 閲覧履歴 | 作成履歴 | 更新履歴

たぬきつ! - 著者: 秋津透

著者: 秋津透
イラストレータ: 裕龍ながれ
レーベル: ファミ通文庫

紹介

四国在住の女子高生・八島晶はある日学校の帰り道、妙な動物を従えた男に出会う。晶を“四国封印の要”と呼んだその男は、刀で襲いかかってきた。間一髮、晶を救ったのは、これまた刀を構えたべらんめぇ調で喋る少年だった。
聞けば、二人は本土の妖狐で、晶はかつて弘法大師によって四国にかけられた狐払いの結界の要なんだとか。でも晶には全く身に覚えがない。今日の今日まで、自分は人間だと思い込んで生きてきたのに。
狐族の内紛に巻込まれた格好の晶だったが、敵は容赦なく襲ってきて……。

四国を巡る狐と狸の一大合戦…じゃなくて、今の所八島晶を巡るスケールの小さい戦いです。狐族の急進派と穏健派の対立に巻込まれただけの晶が、次巻以降どう行動するのかが肝でしょうか。
でも、四国にはそんな言い伝えがあったんですねぇ。ちょっと面白かったり。

コメント

あなたの名前:

既刊

関連項目

先頭へ


QR Code