表紙 | 新規 | 凍結 | 編集 | 差分 | 一覧 | RSS | 検索 | 閲覧履歴 | 作成履歴 | 更新履歴

さよなら妖精 - 著者: 米澤穂信

著者: 米澤穂信

紹介

別にどこにでもいるような高校生・守屋路行は、友人の大刀洗万智と下校途中、ちょっと路を外れたために、雨宿りしている一人の少女と出会った。やや片言な日本語を操る、ユーゴスラヴィアから来たマーヤに。
1991年4月23日。
僅か二ヶ月というホームステイの間に、彼女は貪欲に日本のことを知りたがった。
「哲学的意味がありますか――?」
守屋、万智、そして奇妙な成り行きから彼女のステイ先になった白川いずる、守屋の部活仲間文原たちとの交流と、そして別れ。
1991年6月。ユーゴ内戦が始まっていた。

青春の甘さと酸っぱさに謎掛けが加わる米澤穂信の作品の中では、酸味がきつい作品です。
1991年の春から夏にかけての、国を越えた青春交流から、時々に挿入される1992年の情景。読者は自分の知識にある“あの”ユーゴ内戦の光景を思い出しながら、登場人物たちと同じようにマーヤの故郷がユーゴのどこなのかどうしても気に掛かります。
あの日の僕達に、その国は余りにも遠すぎて――。
そんなフレーズを思い付いてしまう、切ないお話です。

コメント

あなたの名前:

  • 2007-09-24 (Mon) 02:23:31 S.B. : ユリイカ2007年4月号に掲載された「失礼、お見苦しいところを」に、大人になった守屋と万智が登場しています。
  • 2006-08-20 (Sun) 16:44:31 きさら : 文庫版読了。素晴しい。個人的に多少旧ユーゴ諸国に縁があり思い入れもあるのですが、酸味のきつい作品ですね。
  • 2006-06-17 (Sat) 21:25:35 きさら : フランス装幀版と文庫版では、一部セリフが変わっている箇所があるそうです。
  • 2006-06-13 (Tue) 20:33:22 S.B. : お求めやすい価格の文庫版が出ました。この機会に是非ご一読を!

既刊

フランス装幀版

文庫版

レーベル: 創元推理文庫

関連項目

先頭へ


QR Code