表紙 | 新規 | 凍結 | 編集 | 差分 | 一覧 | RSS | 検索 | 閲覧履歴 | 作成履歴 | 更新履歴

あしたびより - 著者: 雨森麻杜

著者: 雨森麻杜
イラストレータ: 下北澤鈴成
レーベル: HJ文庫

紹介

若くして魔術師の学者試験に合格したイルク・アトルスは研究機関カドゥケウスの中で退屈していた。話が合うのはカディナなど極少数の研究者だけ。
そんな退屈な日常の中で、ある日イルクは街で右往左往しているメイドを助ける。主人が魔術師だというルシア・セイクラッドの買い物を助けていると、突然ルシアに襲いかかる影。
無関心少年だったイルクは、ルシアを助けるため、怒濤の中へと飛び込んでいく。

とかく読み難い作品。説明が多く長く不必要に難解で、物語を読ませたいんだか設定を説明したいんだかわかんなくなる部分が多々。後書きまで設定の説明に費やされては、何のための小説なのかと。それで本編たる物語が良ければ救いもあろうが、特に設定が生かされている感じもなければ、登場人物達も今一つ摑みきれず、モヤモヤ感が消えない。

コメント

あなたの名前:

既刊

  1. あしたびよりI; ISBN4-89425-448-4 <2006/08/01>
  2. あしたびよりII 真鍮の四肢; ISBN4-89425-491-3 <2006/12/01>

関連項目

先頭へ


QR Code