表紙 | 新規 | 凍結 | 編集 | 差分 | 一覧 | RSS | 検索 | 閲覧履歴 | 作成履歴 | 更新履歴

〝文学少女〟と死にたがりの道化 - 著者: 野村美月

著者: 野村美月
イラストレータ: 竹岡美穂
レーベル: ファミ通文庫

紹介

かつて“天才文学少女”と呼ばれた少年・井上心葉(このは)は、平凡な高校生としての日常を送るつもりで入った聖条学園で、食べちゃいたい程文学を愛している“文学少女”天野遠子に引きずられて文芸部員をしていた。文字通り本のページをむしりとってむしゃむしゃと食べてしまう天野遠子の「おやつ」を書き散らす毎日は、それなりに充実していた。
が、そこにある日、一年生の竹田千愛(ちあ)がラブレターの代筆という依頼を持ってくる。あっという間に代筆をさせられることになった心葉だったが、しかし千愛が一目惚れしたという弓道部の先輩は、実在しない人物だった……。

野村美月の新境地、学園ミステリー風の人間ドラマです。そしてそこには作者の幅広い読書遍歴が下敷きとして見事に活かされています。ラブレターの代書から始まって、その依頼が偽物であると判明してから、真実に到達するまで二転三転するストーリ、そしてクライマックスと思ったシーンの後に真のクライマックス。
素晴らしいの一言です。

是非シリーズ化して欲しい一作。 シリーズ化しました。
全8巻、完結。

コメント

あなたの名前:

  • 2009-04-27 (Mon) 23:36:51 SHOES : ええ、なんか凄い予想外。だって、劇場アニメ化ですよ!? 以前、アニメ化するな! と言った身分ですが、前言撤回!! あとは遠子先輩の声次第!!(自分が中ではゆかなさん以外いない)
  • 2009-01-16 (Fri) 14:25:12 SHOES : プロジェクト・メモワール、いよいよ本格始動ですね! ……正直言って、音声にだけはなってほしくない作品(アニメ化など含む)。というか、遠子先輩の声が想像不可。朗読CDは……ギリギリの譲歩をすればまだ許せるかも。
  • 2008-08-28 (Thu) 23:51:27 S.B. : 祝・完結! 素晴らしい作品でした!
  • 2008-05-23 (Fri) 22:24:50 きさら : 7巻は、狭き門のはずなのに、ミザリーかと思った。
  • 2008-05-21 (Wed) 21:55:20 S.B. : 7巻。「金子みすゞ」を「金子みすヾ」と誤記。(「ヾ」はカタカナの繰り返し)
  • 2008-02-25 (Mon) 03:12:13 イラストに騙された名無しさん : 神作だと思うがなかなか売れないな
  • 2007-09-19 (Wed) 09:02:33 きさら : 銀河鉄道の夜が分かると、話の筋が分かるんですか? 話が分からなければネタはバレていませんよね。
  • 2007-09-19 (Wed) 06:19:50 S.B. : 自分の都合で他人の書き込みを規制しようというは隨分我が儘だね。
  • 2007-09-19 (Wed) 00:30:47 ??? : ただ、発売日前に書かないでくれと言ってるだけなんだが。
  • 2007-09-19 (Wed) 00:28:57 ??? : ネタバレだよ。読まないとわからないし。 ただ、
  • 2007-09-16 (Sun) 17:40:43 きさら : ん~、想像を超えてきましたね。次で本編終了とは寂しいですね。
  • 2007-09-01 (Sat) 01:32:17 きさら : これはネタバレじゃないでしょ > 銀河鉄道の夜
  • 2007-08-28 (Tue) 23:50:20 S.B. : 我が儘なやっちゃなぁ。
  • 2007-08-28 (Tue) 23:35:21 ??? : 書くなといってるだろうが!!!!
  • 2007-08-28 (Tue) 23:08:54 S.B. : 5巻は「銀河鉄道の夜」。みなさんしっかり予習して挑みましょう!
  • 2007-05-04 (Fri) 16:16:42 きさら : オペラ座の怪人でこう来ましたか。今回はななせルートメインだったせいか、切れ味が弱かった気がします。でも、次巻では強烈な嵐が吹き荒れそう。果たしてななせルートを維持できるのか??
  • 2007-04-27 (Fri) 17:40:25 きさら : amazonでも発売中とはいえ、一応まだフライングですね。ネタバレは控えめにいきましょう。
  • 2007-04-27 (Fri) 15:06:13 ??? : 発売日前のネタバレはやめてくれ。
  • 2007-04-27 (Fri) 00:11:10 S.B. : 4巻は皆様ご存じ「オペラ座の怪人」。そしてとうとう、ななせルートフラグが!!!! おめでとうななせ!
  • 2007-01-02 (Tue) 22:59:56 きさら : 最後の最後に腰抜けました。まさか、あれはこうだったとは。次巻が今から待ち遠しいです。
  • 2006-12-24 (Sun) 16:01:35 S.B. : 武者小路実篤『友情』をネタにする3巻「繋がれた愚者」では文字通り役者が勢揃い。まさかと思っていたら、あの人が最後に登場して、もう仰天動地でした! 次巻も期待大!!
  • 2006-12-08 (Fri) 23:41:29 きさら : あと3週間程眠れば、美味しい新刊がでますよ。
  • 2006-12-08 (Fri) 22:56:13 あい : ↓のものです! あ~ 早く 次の発売されてぇ~ 欲しいなあ~~ 心葉 大好き♪ 遠子先パィも好きです!
  • 2006-12-03 (Sun) 22:46:58 李連杰 : 文学少女と死にたがりの道化&文学少女と飢え渇く幽霊読みました!! あたし的に、心葉が、好きです! みなさんゎ 誰が、好きですか?
  • 2006-09-19 (Tue) 23:17:14 きさら : 飢え渇く幽霊読了。いやはや、後半の謎解きは圧巻でした。方向は読めたんですが、想像の一つ上を行きました。ただのパセリだと思っていた、ツンデレ娘も次くらいから話に絡んでくるんでしょうかねぇ。何か知っている感じではあるんですけどねぇ。
  • 2006-08-29 (Tue) 21:16:57 S.B. : 2巻はエミリー・ブロンテの「嵐が丘」。先に読んでおくと楽しさ倍増ですよ!!
  • 2006-05-30 (Tue) 00:39:22 lilly : 太宰が読みたくなった、死にたくはないけど 笑
  • 2006-05-23 (Tue) 13:22:35 きさら : なかなか美味でした。人間失格を継承したモチーフが幾重にも開かれていきます。この作者がこんな話を書けるとは意外でした。これは続きが楽しみです。
  • 2006-05-06 (Sat) 20:33:06 S.B. : クラスメイトの琴吹ななせにツンデレの予感。

既刊

本編

  1. 〝文学少女〟と死にたがりの道化; ISBN4-7577-2806-9 <2006/05/10>
  2. 〝文学少女〟と飢え渇く幽霊; ISBN4-7577-2915-4 <2006/09/10>
  3. 〝文学少女〟と繋がれた愚者; ISBN4-7577-3084-5 <2007/01/04>
  4. 〝文学少女〟と穢名の天使; ISBN978-4-7577-3506-4 <2007/04/30>
  5. 〝文学少女〟と慟哭の巡礼者; ISBN978-4-7577-3685-6 <2007/09/11>
  6. 〝文学少女〟と月花を朶く水妖; ISBN978-4-7577-3918-5 <2008/01/04>
  7. 〝文学少女〟と神に臨む作家 上; ISBN978-4-7577-4173-7 <2008/05/09>
  8. 〝文学少女〟と神に臨む作家 下; ISBN978-4-7577-4371-7 <2008/09/11>

短編集

画集

外伝

関連項目

先頭へ


QR Code